日本病院薬剤師会e-ラーニング 利用規約

 

第1条本規約は日本病院薬剤師会(以下、日病薬)が実施するe-ラーニングの受講申込者、受講者に適用します。
e-ラーニングの受講申込を行う時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。
第2条本規約は必要に応じて変更されることがあります。変更後のe-ラーニングの利用には、変更後の規約を適用します。
変更後の規約は、日病薬が適当と判断する方法で通知します。
第3条ログイン情報(ID、パスワード)は、受講申込を承諾する場合に、日病薬が適当と判断する方法で通知します。
ログイン情報は、受講者が自己の責任において管理して下さい。自己のログイン情報により行われたe-ラーニングの利用行為は、当該受講者が行ったものとみなします。
第4条受講者はe-ラーニングの利用にあたり、日病薬が定める利用条件、利用方法を守らなければなりません。
第5条受講者はe-ラーニングの利用にあたり、以下の行為または日病薬が不適切と認める行為をしてはなりません。
(1)ID、パスワードの不正な利用
(2)本会、講師の知的財産権を侵害する行為、侵害する恐れのある行為
(3)e-ラーニングの利用を通じて入手したデータ、情報、ソフトウエア等に関し、著作権法で認められた私的利用の範囲を超え、複製、販売、出版等を行う行為
(4)その他、法令、本規約に違反する行為、e-ラーニングの運営を妨げる行為、日病薬、第三者に不利益を与える行為、日病薬、第三者の権利を侵害する行為等
日病薬は前項で定める行為を発見した場合、当該受講者のe-ラーニングの利用を停止することができます。
第6条受講者はe-ラーニングの利用にあたり、本会、第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用により損害を賠償するものとします。
第7条e-ラーニングは技術・保守等の都合で一時的な中断が必要となった場合、また、インターネットの利用が出来なくなった場合、災害、紛争等により実施を停止、中断する場合があります。
第8条日病薬はe-ラーニングの利用により発生した損害、e-ラーニング停止、中断により生じた損害について、損害賠償責任等の一切の責任を負いません。
第9条本規約、e-ラーニングの実施に関する準拠法は日本法とします。
本規約、e-ラーニングの実施に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附 則本規約は2019年9月20日から実施します。